2012年01月15日

自己修復する電子回路

 古い話になってしまいましたが、米大学の研究者が自己修復する電子回路を開発という記事が出てました。生物と、電子機器との大きな違いは、自己修復能力がないということですよね。生物は、いろいろなものを食料として、体内に取り込み、微生物との共存で、生体を維持しています。ちょっとした傷なら、自分の持っているものを使ってうまく修復してしまいます。
 一方、電子機器は、バッテリーや、電源などの電気エネルギーだけで、動作するよう作られていますので、亀裂や、ひびが入れば、当然ながら修復されることは、ありません。ちょっとした傷程度なら、自己修復してしまうようなしくみって面白いですよね。ここに提案されているものは、カプセルを一度使ったら、おしまいのように思えるので、材料を充填すれば、カプセルの生成まで出来るようなものができたら、面白いでしょうが、なかなか難しそうですよね。

 前に成長していく製品の話を書きましたが、ロジックの成長だけでなく、ハードも、環境に合わせて変化するようなものが出来たら面白いかも知れませんね。修復もそうですが、温度や湿度、光などなど、環境に合わせて、固くなったり、柔らかくなったり、退化したり、進化したり。育て方によって変化する製品が出来ると面白いなと思います。動物なんかをまねるのは、難しいかも知れませんが、植物くらいなら、出来ることがあるのではないか?なんて、夢想してしました。
posted by mogura at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

黒柳徹子さんのAIBO

 年始のテレビで、何回か黒柳徹子さんをお見かけしました。いや〜、元気で、面白い方ですよね。歳を忘れさせてくれるあのキャラはなかなかお目にかかれません。正に、テレビ向きだなと感心するのですが、話の中でペットロボットのAIBOを飼っているという話を徹子さんがされていました。以前にも、何かで聞いたことがあるように思うのですが、何でも、徹子さんのAIBOは、徹子さんの愛情?で普通することが出来ない動作をするようになったらしく、AIBOを作ったエンジニアが、見に来たことがあるようなことを仰ってました。

 ぼくは、最近、成長する製品のようなものが作れたら、面白いよなとよく考えることがあります。進化するなんて言うと大変かも知れませんが、ちょっとだけ成長するようなものであれば、今の技術で頑張れば、作れるような気がします。これまで、人は、自分のライフスタイルに合わせて、いろいろなものをチョイスしてきました。カスタマイズという言葉がありますが、カスタマイズは、人が自分に合わせていろいろと調整することをいいます。これらのことを自動でやってしまうようなものって面白いですよね。
 実は、Web上では、地味に、そういう仕組みを取り入れているところってありますよね。過去の履歴をヒントに、いろいろとやってくれます。時には、煩わしさを感じることもありますが、これらを、もっと人に近づけて、人が合わせるのではなく、人に合わせる製品が作れないかなと思ったりします。そうすると、同じ製品であるにも関わらず、人の数だけ、個性のある物になって、物に愛情を持てる時代が来るかも知れません。実際、ロボット掃除機ルンバを見て、健気なやつで、電池が減ったっても、捨てられないと言っている人がいたりします。物に対して、そういう接し方って面白いですよね。
 空気を読む電化製品。気が利く電化製品って何かいいですよね。生活の中で賢くなって、けれど、一人一人を認識してやり過ぎない。そういう電化製品が作れると面白いよな〜と、思う今日このごろです。
posted by mogura at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

新年最初の一冊

新年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

 昨年は、本当にいろいろなことがありましたが、懲りずにできることをやっていきたいと思います。

 この年末・年始に、本を何冊か読む時間ができました。その中で、木村秋則さんのリンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)というのを読んだのですが、これが、面白かったです。この本は、ふらっと立ち寄ったブックオフで、暇つぶし用に買った本なのですが、ぼくにとっては、当たりでした。

 この木村秋則さんという方は、自然栽培という方法で、りんごの栽培をされている方です。自然栽培というのは、肥料も農薬も使わない農法で、素人なぼくが考えても、ちょっと無謀なことなのではと思うのですが、さまざまな困難を克服して、長い時間をかけて、自然栽培でりんごの栽培に成功された方です。漫画やなんやで、自然農法のようなことを知識で知って、そんな循環を自分のまわりに構築できたら、理想だろうなと思うことは、多々ありましたが、木村さんのすごいところは、それを、ビジネスとして、成り立つようにコントロールしているところです。本当に自然になすがままにまかせるのではなく、栽培という人がコントロールしたほうがいいツボを抑えて、不自然なことをせずに、農業として成立させているところが、本当にすごいです。昔々の人類は、自然をよく観察して、自然を敬い、自然と付き合いながら、食料を確保していたと思うのですが、木村さんは、それをいい意味で人口的に再現してるのではと思います。

 この本を読んでいると、今の農業で起きていることに対する疑問や、問題なんかもよくわかるし、今は、不自然な状況なんだろうなと思うことしかりです。食の安全なんかは、もちろんですが、政策なんかも、多いに問題がありそうですよね。
 人口問題が、よく話題にあがりますが、ぼくは、今の人口は多すぎると思っています。経済的、年金のことなんかを考えれば、人口は、右肩上がりでなければいけないのかも知れませんが、そんな状態は、やはり、不自然なのではないでしょうか。そんな今の人口を支えているのは、今の不健全な効率のいい食があるからで、体に悪かろうがなんだろうが、この人口に消費される食が確保出来なければ、生きていけない人が出てきてしまいます。まさに、赤潮のように、栄養過多になった異常現象が、今の人間の世界なのではないのかと思ったりするわけです。こんな中で、生産性を無視した、健康志向の話をしたところで、仕方がないと思っていたところに、木村さんの方法は、一つの解を示しているように思えます。今後、この自然栽培が、普及して、日本の伝統農法になったりすると、とても素敵だなと思います。

 それにしても、りんごの自然栽培って、本当に難しいんですね。一度、農薬付け、肥料過多になってしまった環境を自然のサイクルに戻すには、それなりの年月が必要なようです。この農法は、すばらしいけれど、切り替えるには、それなりの覚悟がいりそうですよね。新年そうそう、いろいろな、刺激を貰った一冊に出会えました。

リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)
リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)木村 秋則

日本経済新聞出版社 2009-05-09
売り上げランキング : 7466


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すべては宇宙の采配
すべては宇宙の采配木村 秋則

東邦出版 2009-07-23
売り上げランキング : 2813


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


奇跡を起こす 見えないものを見る力
奇跡を起こす 見えないものを見る力木村 秋則

扶桑社 2011-09-22
売り上げランキング : 6198


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『奇跡のリンゴ』の木村秋則+『種』の野口勲 ジョイント講演会 完全収録「DVD」
『奇跡のリンゴ』の木村秋則+『種』の野口勲 ジョイント講演会 完全収録「DVD」
有限会社サン・スマイル 2010-06-01
売り上げランキング : 27649


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mogura at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

Dual Dsidplayを辞めてみたら

 大分前に、Dual Displayにして、その恩恵にあずかっていたのですが、古いほうのディスプレイが調子悪くなって、使っていると頻繁に自動調整がはじまるようになり、それが鬱陶しくなって、長らく電源を切っていました。そうこうしているうちに、Dual Displayをするために調達したグラボーが調子悪くなって、ボードを認識しなくなってしまいました。実は、このグラボー、年に一回くらいこういうことが起きて、掃除して、抜き差しを繰り返しているうちに、認識するようになるというのを繰り返していたのですが、よく考えると、ディスプレイがシングルになったので、無理して使わなくてもいいことに気づきました。(というのは言い訳で、本当は、このグラボーのほうが性能がいいので、シングルでも、こっちを使いたかったのですが、復活させるのが面倒になってしまったわけです)それで、マザーボードについている、グラフィックを使うようになりました。しばらくは、ディスプレイ2つを並べて、片方は、電源OFFで使っていたのですが、どうも、視線が偏ってしまって、疲れることに気づいて、使わないほうを片づけて、メインのディスプレイをセンターに持ってきたのですが、これが、思ってた以上に、具合がいいです。

 最近、家で、仕事をすることが減ってきているので、そもそも、Dual Dsidplayにしなければいけないほどの作業がなくなってきています。確かに、画面が2つあると、片方に垂れ流せる情報なんかを表示しておくと、便利だったり、何かを見ながらの作業には、いいのですが、その分やはり疲れるんだと思います。
 さらに、ぼくの環境は、Displayの大きさが違っていたり、机が小さいために、無理矢理横に並べていたこともあって、視線の正面が、ディスプレイの境目だったりで、後になって考えてみると、かなり無理があったのかなと、思いました。

 やはり、視線の正面は重要で、サブディスプレイを置くときは、ちょっと工夫をしたほうが良さそうです。こんど、やるときは、正面のディスプレイを固定にして、両脇に置くか、上に置くのがいいのかも知れません。作業スペースも、少し、広げることを考えたほうが良さそうです。でも、その前に、本当に必要かどうかを考えたいです。不必要に増やすと却って疲れの元になるかも知れません。必要性がないということは、最近、プログラミングをサボっていることを意味しているようにも思えるので、微妙だったりしますけどね・・・。
posted by mogura at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

非効率なことを続けられる凄さ

 たまたま、テレビ見ていたら、「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」という番組に、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーと、宮崎駿監督の息子、吾朗監督と、ドワンゴの川上会長が出演していました。今、ジブリの哲学という本を読み始めたところなので、なかなか興味深かったです。
 その中で、ジブリには、企画書というものが存在しないというのが、とても印象的でした。企画書は、周りの人達に意図を伝えるという意味では必要なのかも知れませんが、宮崎監督にとって、意図を伝える相手が、鈴木プロデューサーだけだというのであれば、必ずしも、企画書の形にする必要はないのかも知れませんね。
 本を読んでいると、ジブリのやり方は、クオリティは高いものが作れるのかも知れませんが、とても無駄が多いように思えます。そして、それを維持していくために、それなりに苦労をしているようにも見えました(やっている方達はそのように思っていないかも知れませんけど)。アニメーターの給料の薄給たるやすごいもので、何処かと似た話だなと思ったり、そういうところに、依存しないと、やっていけないような環境だったり、そもそも、こんなに長く続ける積もりがなかったといった話だったり、やはり、それなりに、苦労していそうな感じです。
 アメリカの大手、ピクサーと比べると、ピクサーが分業の進んだ近代的な工場だとすると、ジブリは、町工場といった感じでしょうか?普通なら、とても太刀打ち出来そうにないのですが、ジブリの存在感たるや、すごいですよね。

 ぼくは、自分の手におえる範囲で、ある程度やりたいことが出来る小さい規模で、自由にいろいろ出来る環境を整えられないかと、思いを巡らせているところがあるのですが、ジブリの物語を聞いていて、ふと、思ったのですが、こういう、非効率なことをまじめに続けて、クオリティを維持していくということは、真似されにくいのではないかと。というより、真似する気にならないですよね。以前紹介した、フレデリック・パークさんなんかも、一人でアニメーションを作ってしまったのですが、真似したいと思わないのではないでしょうか(というより、これは、真似できないですよね)?
 効率がよくて、楽な仕組みというのは、誰もが真似したくなりますよね。だって、効率は、そのままお金に結びつきますから、お金を第一に考えて、より、儲けを求めれば、世に言う、無駄を省き、効率化ってことになります。なので、わざわざ、非効率なことを続けているジブリのようなやり方は、やろうとは思わないですよね。でも、こういうことを続けてやり通すっていうのは、ある意味、差別化をはかる一つのやり方なのかも知れません。もちろん、作り上げているものが、負けていたら話にならないのですが、妥協しないことによる差別化は、一つの方向なのかも知れません。だれにでも、出来るように、マニュアル化することで、どんな人にでも、出来るような技術を提供するという現代の考え方とは、真逆の考え方になるかも知れませんが、人は、得手、不得手があるのですから、出来ることにとことん拘るというのも、いろいろな才能が出てきて、面白いようにも思えます。
 とは言え、実際にそれをやり通して、事業に結びつけるのは、一筋縄ではいかないでしょうね。才能も実力も必要だし、運もいるかも知れません。でも、やっているところがあって、不可能ではないというところに、ちょっとした希望が持てるのも、事実ですよね。
 

ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの
鈴木 敏夫

ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの
仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書) 鈴木敏夫のジブリマジック(日経ビジネス人文庫) 映画道楽 風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡 本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
by G-Tools
posted by mogura at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

自転車の修理 その2

 後輪のタイヤ交換は問題なく終了し、調子もいいのですが、自転車についているリアサスペンションが壊れてしまいました。ぼくが使っている自転車は、安物の折りたたみ自転車なのですが、構造状、自転車にかかる体重が全部、このリアサスにかかるような仕組みになっているように見えます。なので、ここが壊れてしまうと、不安定きわまりないわけです。
 ネットをみると、折りたたみ自転車にというか、かっこよさだけでついている安物のリアサスが、百害あって一利なし的な書かれ方しているところが多いようです。確かに、サスが棒状の固定になったとしても、街乗りなら、特に問題にはならないようにも思えます。それより、壊れないように作って欲しいところですよね。

 さて、このリアサス、交換したいと思って、ネットで調べてみるのですが、この部品だけを手頃な額で売っているところがないですね。標準的なサイズとかあるのかと思っていたのですが、どうも、自転車に合わせて作られているようで、ここだけを交換というのは、難しそうです。
 実は、初めて、ヤフオクを利用して、サイズ的に良さそうで、値段も手頃なものがあったので、買ってみたのですが、サイズが小さくて、サスが柔らかすぎてだめでした。あまり金額がはるくらいなら、買い換えたほうが安いので、微妙なところだったりします。

 壊れ方としては、サスのバネを留めているリングが、サスにかかる衝撃に堪えられず、ねじ山を超えて、上に張り付いてしまい、サスとしての機能を果たさなくなった状態です。ねじ山を噛んでしまったので、外すことも締めることも出来なくなっていたので、交換をするしかないと思っていたのですが、ためしに、油を差して、放っておいたら、何と、リングが回るようになりました。これなら、ねじを締めて、ばねを噛ますことが出来れば、また復活させることができるかも知れません。
 リングを締めただけだと、また、衝撃に堪えられず、上に上がってくるかも知れないので、何らかの固定が必要です。ねじなので、ねじ山を潰せば、かなりの加重にも堪えられるかも知れないと思い、糸で、ねじの溝をぐるぐる巻きに潰して、テープで留めてみました。そもそも外れたときも、アルミテープの端で止まっていたので、案外いけるのではないかとの算段です。これでだめなら、さらに、瞬間接着剤で固着すれば、外せなくはなりますが、固定は出来るのではと思います。ちゃんとやるなら、ねじ止め剤のようなもののほうがいいかも知れません。

 ということで、修理して、1〜2週間、思ったより、壊れずに使えています。とは言え、応急処置のレベルなので、いつ壊れてもおかしくないんですけどね。

 それにしても、1年で、壊れるとは・・・。ものにもよるし、値段も値段えすが、もう少し、保って欲しいところですよね・・・。
posted by mogura at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

自転車の修理

 通勤に使っている自転車がパンクしてしまいました。取りあえず、説明書も読まずに、パンク修理剤なるもので、応急処置して、家まで辿りつくことができたのですが、家に帰って、パンク修理剤の説明書をよく読むと、タイヤの空気を全て抜いた後、修理剤を入れろと書いてあったので、これで直ればラッキーくらいの気持ちで、書いてある通りにやってみたら、タイヤの外へ、修理剤があふれ出て、大変なことになってしまいました。修理剤は、冷えるとゴムになるものらしく、タイヤのフレームに、ゴム接着剤のような膜がはってしまいました。どうやら、チューブだけでなく、タイヤもやられているっぽいということで、タイヤ交換をすることにしました。

 安物の自転車なので、あまりお金がかかるようであれば、買い換えようと思っていたのですが、ホームセンターに行くと、タイヤは1000円くらいで、買えそうでした。折りたたみ自転車なので、サイズ的には、子供用自転車のサイズ。これに、チューブを交換しても、2000円くらいに収まりそうだったので、取りあえず、これらを購入して、自分で交換することにしました。

 全く同じではないのですが、取りあえずこちらを参考に、後輪を外すことにトライします。後輪のタイヤをよく見ると、溝がまったくなくなっていました。よくまあ、この状態でもってくれたものと思います。前輪はまだ、溝があることを思えば、この自転車は、後輪に負荷がかかる構造になっているみたいです。でも、1年しかもたないというのは、少々メンテが面倒だと思ってしまいました。

 さて、分解ですが、車軸についているナットが、固すぎて外れません。小型のモンキーレンチしか手元になかったので、これで、悪戦苦闘して、片側はなんとか外せたのですが、もう片方は無理なようです。ここまで来ると、仕方がないので、工具を調達することにしました。いろいろと、物色した結果、前から欲しいと思っていた、ソケットレンチの安いものがあったので、使いたいと思うサイズがあることを確認して、購入し、無事外すことができました。
 ちなみに、参照サイトにも書かれていますが、車軸に使われている15mmのナットは、あまり使われているものではないらしいので、工具を揃える場合には、よく確認したほうが良さそうです。

 ここがうまく行けば、後は、交換だけです。取り付いていた状態を確認しながら後輪を外し、タイヤとチューブを無事交換することができました。最近のものは、虫ゴムがいらないものがあるんですね。微妙な進化にも、感心しつつ作業終了。これで、また当分は大丈夫と思った矢先に、別のところにも、ガタがあることが判明。さらなる修理が必要となってしまったのですが、それは、次回と致します。

マルニ 自転車用瞬間パンク修理剤 75ml
マルニ 自転車用瞬間パンク修理剤 75ml

売り上げランキング : 58653


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mogura at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

コンテンツビジネスの現状

 この間書いた、ジブリ汗まみれを聞いているのですが、「その夜。れんが屋には、ただならぬ面々が集まっていました。」という回は、とても面白かったです。集まった面々は、以下の方々で、メンツだけ見ても、興味をそそられます。

高井英幸 前東宝代表取締役社長
塚越隆行 ウォルトディズニースタジオジャパンゼネラルマネージャー
堀田秀彦 東宝映像事業部
依田謙一 読売新聞YORIMO
川上量生 ニコニコ動画を運営するドワンゴ代表取締役会長兼スタジオジブリプロデューサー見習い
ワンピースの作者 尾田栄一郎。

 その中で、ドワンゴの川上会長が、コンテンツビジネスの現状について、吠えていらっしゃったのですが、その考え方が、中々鋭くて、面白かったです。

 今のコンテンツは、無料のものが、性能的に一番いいものとなっていて、有料のもののほうが、劣っている。これは、考えたこともありませんでした。著作権者は、自分達の権利を守るため、コピープロテクトなど、いろいろな制限をかけたがります。でも、無料のものは、違法と言われているけれど、これらのものがすべて排除されている。このことは、ユーザーからしてみると、無料なものは、制限がないので、自分の環境に合わせて、好きなように使うことができるものになっていて、正規品は、わざわざお金を出して、使いにくいものを入手していることになります。自分が使いたいと思っている環境で使えないものをわざわざお金を払って入手することになるわけです。

 ぼくは、無料だから、有料コンテンツは売れないのだと思っていました。確かに、その側面もあるかも知れませんが、お金を払う気がある人でも、今のような仕組みだと、お金を払う気にはなれないかも知れないと思い始めています。
 ぼくは、ちょっとした金額であれば、好きな音楽や、電子書籍にお金を払ってもいいと思っています。でも、例えば、音楽を買って、携帯機器や、オーディオ、車など、自分が使いたいと思う環境で、コピーできないということであれば、買うのを辞めるかも知れません。電子書籍にしても、自宅や会社のPCや携帯で見れなくて、iPadでしか見れないのであれば、買わないかも知れません。
 データだけだと、機器のバージョンが上がって、フォーマットが変わったりしたときに、使えなくなって、また買い直さなければいけないことも、起こります。売るほうにしてみれば、いいことかも知れませんが、ユーザーからしてみると、同じものをまた買わなければいけないことに対しては、抵抗があります。

 こう、考えてみると、お金に対する考え方も、変わってきているのかも知れません。本来、価値があるから、お金を払って、その対価を得るというのが、お金のあるべき姿だと思うのですが、有料コンテンツについては、それが成り立っていないように思えます。それでは、何に対して、お金を払っていることになるのでしょうか?無料が破壊しているものは、お金のシステムそのものなのかも知れませんね。

 川上さんは、これから生き残れるのは、サーバー型コンテンツだけだと、仰っています。この辺りも、とても、面白いのですが、長くなりそうなので、この辺で、やめておきます。興味ある方は、是非、お聞きになって見て下さい。





posted by mogura at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

鈴木敏夫のジブリ汗まみれが面白い

 フレデリック・パーク展に行ったのがきっかけで、ジブリのblogでもないのかと探して見たら、「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」というラジオを見つけました。このラジオ、ポッドキャストで、過去の放送も聞けるので、最近、時間のあるときに聞いているのですが、とても、面白いです。宮崎駿監督のこととか、作品のこととか、興味深い話がいっぱいです。「宣伝出来ない作品を作ってやる」とか、「何を作ったらいいんでしょうね」とか、普段、自分が矛盾に感じていることは、みんな悩んでいるんだなと、思ったりなんかして、声だけのメディアに耳を傾けています。

 久しぶりに、ラジオを聞いていて、インタビューは、声しか聞けないラジオがとても向いていると、ふと思いました。映像だと、周りの雰囲気が見えすぎるし、活字にすると、違うものになるかもしれない。ラジオだと、言葉にしなければ伝わらないので、ある種ちゃんと整理されたことが聞けて、そのときの抑揚がわかるから、とてもいい感じなんですよね。言葉にしていくって、難しいことなんだけれど、大事なことなのかも知れません。ただ、言葉だけで、人を引き込めるだけの魅力的な、会話がないと、飽きてしまいそうですけどね。
 昔は、なんとなく、ラジオを聞いていた時期があって、音楽なんかは、マイナーな曲とか、たまに聞けたりして、ラジオのほうが面白いと思ったこともあったのですが、最近は、面白みを感じていませんでした。Ustreamなんかで、動画配信もいいけど、こういうラジオを活用したもののほうが場合によっては、良い場合が、結構あるかも知れません。

 久しぶりに、ラジオを見直した出来事だったのですが、ただ、もう少し、聞き取りやすいと良いのになと・・その点、アナウンサーとか、ナレータなど、声のお仕事をされている方は、さすがですよね。

 こういうのって、きっと流行らないんだろうなと思うのですが、なんだか、ちょっと、勿体ないですよね。


 鈴木敏夫さんの本が出たらしいです。興味があるので、読んでみたいと思って、Amazonでチェックしたら、在庫切れになってました。ブームが過ぎてから、ゆっくり読みたいですね。

ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの
ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの鈴木 敏夫

岩波書店 2011-08-11
売り上げランキング : 1579


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mogura at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

フレデリック・パーク展

 テレビを見ていたら、ジブリの高畑勲監督が絶賛するフレデリック・パークさんのことをやっていました。ぼくは、この方を全く知らなかったのですが、表現されている絵が何となくいいなと感じて、思い立って、東京都現代美術館でやっているフレデリック・パーク展に行ってみました。
 行ってみると、ぼくが勝手に想像していた人とは、真逆な感じがしました。ぼくは、あのちょっとふわふわした絵の感じが好きだったのですが、彼の絵は、とてもはっきりした、遠近感に優れた絵が多くて、アニメーションで見た感じで想像していたのとは、ちょっとちがっていました。この絵があって、あのアニメがあるのかも知れませんが、いろいろ、勝手に想像していた人物像とは、違っているとおもいました。

 それにしても、あれだけの数の絵を一人の人間が描いているというだけでも、賞賛に値します。宮崎駿監督は、腱鞘炎を煩っている手で絵を描きながら、人間は、どれほどの絵が描けるんだろうというようなことを仰ってましたが、まさに、その答えがここにあるのかも知れません。
 いろいろなことをされていて、いろいろなメッセージを発している。テレビを作っている人なんかも刺激を受ける方なのではないかと思いました。
 ひとりで、アニメーションを作ってしまった、パークさんに、ぼくは、物作りの刺激を求めて行ったような気がするのですが、確かに、刺激は、ビンビン貰ったような気がするのですが、はっきりとした言葉で、表すことができません。ぼんやりともやがかかっていて、よくわからないけど、何か貰った、そんな感じです。勝手に、想像し、期待していたことから、不意打ちされたので、戸惑っているのかも知れません。

 もう随分、美術館に行ってなかったのですが、たまには、こういうところも、いいものですね。また、面白そうな展示があれば、出かけてみるのも良いかも知れません。

posted by mogura at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。