2012年05月21日

「他力本願のすすめ」

 前回も少し書きましたが、最近、「親鸞」さんに興味があります。何となく、最近よく見かけるような気がするのは気のせいでしょうか?
 ぼくは、自分のことは、自分でがんばって、思うように生きていたいと思いますが、自分ではどうしようもない理不尽な力の存在は知っています。自分でどうしようもないもことは、いろいろあるし、いらだったり、落ち込んだりすることも、多々あります。
 ここで言っている「他力」というのは、自分以外の力のことを指していて、その他力に翻弄される世界に対して、一つの考え方、心構えのようなものが、浄土真宗の教えの1つなのかなと思いました。ぼくは、自力でがんばることの大切さを知っているので、すべてに共感とはいきませんが、考え方としては、ありだと思うし、これで、救われる人はたくさんいるようにも思えました。特に、今のような、いろいろな災難がつぎつぎと起こる不安定な世には、受け入れられる思想のような気がします。
 宗教だからと、毛嫌いせず、昔の有名な考え方を学ぶことも、たまにはいいのかもと思う今日この頃です。
 読みたい本が貯まっているのに、なかなか時間が取れません。さて、さて、どうしたものか。

他力本願のすすめ (朝日新書)
他力本願のすすめ (朝日新書)水月昭道

朝日新聞出版 2012-03-13
売り上げランキング : 151150


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by mogura at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

水月昭道さん

 ぼくは、別に、仏教徒でもなんでもないのですが、最近、「親鸞」さんにちょっと興味を持ち始めていて、本を何冊か読んでみたいと思っていたりします。そんな中で、出会った本が、水月昭道さんの他力本願のすすめ という本です。この本については、読み終わったら、また、ご紹介するかも知れませんが、この、水月昭道さんという方、高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院という本のほうが有名らしく、就職口のない博士について書かれている方らしいです。
 日本が、高学歴になればなるほど、就職口がなくなるというおかしな方向に行っているのは、常々感じていたし、そういう貴重な人たちが活躍できない日本の将来にある種の不安を感じていたりするのですが、水月昭道さんの他力本願のすすめ にも、この辺りのことが、ほんの少しだけ書かれていました。
 文科省は、大学院重点化政策で、大学院への進学への門戸を広げたらしいです。そういえば、ぼくが大学生のころにも、院への誘いがあったことを思い出します。その当時、昔に比べて院へ入りやすくなったという話も、聞きていたように思います。この政策の建前上は、「博士」が欧米に比べて少ない日本は欧米に差をつけられてしまう。だから博士を増やして、対抗していくということらしいですが、結局は、少子化によって、大学生の数が減るので、減った分だけ、大学院生を増やし、既得権を維持するための政策だったと書かれていました。なるほど、これは、とてもわかりやすい話だと、ぼくは思いました。ぼくは、就職できないでいる博士がたくさんいることは、知ってましたが、なぜ、大学院生を増やしているのかは、疑問に思っていました。なるほど、大学維持のための一つだったわけですね。
 ぼくは、大学は、自分が好きな分野に進むことができたので、本当に勉強したいと思っていました。でも、大学で、勉強できることって、本当に基礎の基礎だったので、もっと何と言うか、使える勉強をしたかったというのが本音です。勘違いしないで欲しいのは、ぼくは、大学での勉強は、今、振り返ってみると、役に立っていると思っています。それをベースに、積んでいったものが、たくさんあるからです。むしろ、忘れてしまったものに、今現在苦しめられていて、復習することもたまにあるくらいです。でも、身につけたかったものは、そのさらに上の技術だったりするんですよね。
 大学は、本当に、研究をしたい人だけが残ればいいと思ったりします。この先、学術的に、知的好奇心を満たしたい人だけが行けばいいのかなと。そして、その道に進むことのメリットとデメリットをきちんと説明して、それでも、行きたいと思う人だけが研究者を目指せばいいと思ったりします。
 それより、若いときから、いろいろな分野で、プロを育てられる環境を作ったほうが、将来、その人のためや、日本のためになるのではと思ったりするわけです。お金を稼ぎながら、自分のスキルを高めていく。そういう世界のほうが、いろいろ、いいものが、世の中に出ていくような気がします。例えば、プログラマだって、高卒での対応は、ものすごく酷いものだったりするし、とりあえずの大学を選択肢から外すと、他に行き場所がなくなったりします。プロ野球のように、高卒から、その道にたたき込んで鍛えていくと、あるいは、モンスタープログラマーなんかが出てきて、ヒット商品やサービスをたたき出したりするのでは?と思わなかったするわけです。そして、プロ野球選手のように、ヒーローになる人でも出てくれば、そういう人を目指しす人が増えてきて、うまく行けば、経済を回す活力になるかも知れない。それに比べると、受け皿としての今の大学は、いろいろ問題がありそうですよね。
 博士の就職難のように、日本は、こういう飼い殺しのようなことを平気でやりますよね。この飼い殺しから、逃れようとすると異端児あつかいされてしまいます。そうやって、才能を潰していく世の中の将来は、明るいものとは思えない。そんなことを、いろいろと考えさせられてしましました。
 
 「親鸞」さんの本を読みたいと思っていたのに、大きな道草をしてしまいました。最近、「親鸞」さんに興味を持ち始めているのも、昨今起こっている種々の事件のせいかもしれません。昔の人から、ヒントをもらうのも、悪くないのでは?と思う、今日この頃だったりします。

他力本願のすすめ (朝日新書)
他力本願のすすめ (朝日新書)水月昭道

朝日新聞出版 2012-03-13
売り上げランキング : 151150


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by mogura at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

竹内 健氏のインタビューを読んで

 外で、雹が降っています。なぜ?この時期に・・・
 元東芝でフラッシュの開発をされていた、竹内健さんのインタビュー、
「マーケティングを人任せにするな」
「エンジニアは好きなことだけやってる? そんなのウソです」
が掲載されていました。とても、あつい方だなと思うのですが、仰っていることは、普段、自分が感じていることに近い気がしました。
 作れば売れることがはっきり確信が持てるものについては、どうやって効率よくものを作るかに注力すれば、利益が上がるということになります。それに必要となる人材は、まさに、日本が求めてきた人材で、今のアジアに求められている人材なんだと思います。そういう人材を優れた人材だと言ってきた日本の将来は、とても危険な感じがします。
 竹内さんのような優秀な方を、留めておくことが出来ない、むしろ、リストラで、放出することを望んでいる日本の大企業は、いろいろなものを抱えすぎているように思えます。新しい価値観が必要になってきているのでしょうが、それを認めることが出来ない人が多すぎる気がします。変化している周りに対して、追従できるかどうかが、今後、大事になってくるように思いますが、頭では、わかっていても、なかなか実行に移すのは難しそうです。でも、頭でわかっていないより、いいのかもの知れませんが。
posted by mogura at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

ソフトウェアの64bit対応

 メインPCが64bit OSになったので、自作アプリも64bitにしたくなったので、今、普段よく使う自作アプリを64bit対応しています。ソースをそのままコンパイルすれば、簡単に通るかと思いきや、やはり、いろいろエラーが出てきました。特に、面倒なのが、文字コード関係。64bitだからというわけではないのですが、デフォルトが、WideCharになっているので、昔書いたコードだと、エラーが出てくるところが多いです。レガシーコード対応すれば、そのまま通すことも出来るのですが、今の主流に合わせるほうが、今後、何かと良さそうなので、修正しています。でも、エディター関係は、かなり面倒そうなので、スルーしてしまいそうな気がします。
 かゆいところに手が届くようにするために、下の方まで潜って書いたコードは特に、気をつけないと、変な動作をしてくれます。特に、メモリ操作をしているようなものは、危ないですね。今の主流は、メモリー管理はしない方向になってきているので、仕方なく、メモリ管理している部分は、要注意です。その他、スレッドなんかも、癖が出てきそうな気がします。下位のソースしかいじらなくてすむような場合は。こういう時はいいですよね。それほど手間がかからない。もう少し、モジュールが充実してくれると、いいのですが。

 と、いろいろと手間がかかってますが、徐々に動き始めています。64bit対応すると、心なしか、軽快に動いてくれているように思えます。これから、エラーつぶしですけどね。
 久しぶりに、コードをさわったら、やっぱり面白いですね。やりたいことが、たくさんあって、なかなか手をつけられないのですが、今回のGWのように雨の中籠もるのは、たまにはいいなと思いました。
posted by mogura at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

パソコンを買いかえた

 もう、少し前からになるのですが、デスクトップPCを買いかえました。Dual Coreになる前のPCだったので、もう5年以上使っていることになります。まだ、現役で行けるのですが、最近、ちょっとたくさんのアプリを立ち上げると、もたつき感が出てくるようになったので、8GBのメモリにつられて買いかえてしまいました。
 買いかえを渋っていた理由は、移行が面倒なのと、やはり、OSの対応状況だったのですが、さすがに、もうほぼ対応できないものはなさそうに思えたので、今回、Win7 64bitOSで、購入することにしました。64bitパソコンといえば、Win95の時の16bitから32bitへの対応を思い出すのですが、あの頃は、対応の大変さよりも、16bitOSの酷さのほうが勝っていて、32bit対応を一生懸命やっていた気がします。今回は、WinXpがそれなりに安定していたので、急いで対応しようとは思いませんでした。今回も、OS代をけちって無理矢理、WinXpで動作させることも考えたのですが、今のハードで快適な動作をするかもしれないとか、64bitの恩恵を考えたりして、Win7に移行しました。
 対応アプリはというと、まだまだ32bitで動作しているアプリが多いですね。64bitアプリのほうが、動作が軽快になる気がしますが、さてさて、どうでしょうか。少なくとも、マシンパワーが増えて、メモリが潤沢になったので、動画も問題ないでしょうし、動作は軽快になると思うのですが、いかがなものでしょう。
 それにしても、移行は、毎度毎度面倒ですね。インストールしなければいけないものが多すぎます。自由にカスタマイズ出来るということは、新しくなったときには、また一からカスタマイズしなければいけないという当たり前のことを、毎回思い知らされます。クラウドな世界であれば、そういう煩わしさは、かなり減るのでしょうが、クラウド嫌いなぼくは、この手間を省けないのがつらいところですね。さて、このPCは、何年くらい働いてくれるのかな?徐々に、なじむよう、にいじり倒したいと思う今日この頃です。
posted by mogura at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」を読んで

 もう随分前に、ほぼ日で、対談があって、面白そうだったので、買っていた本なのですが、この間、ちょっとした時間が出来たので、やっと読むことができました。
 「グレイトフル・デッド」というのは、アメリカのロックバンドなのですが、いわゆる、有名どころのロックバンドとは、ちょっと違った戦略をとったバンドらしいです。「デッドヘッズ」と呼ばれる、熱狂的なファンを持つことで、一般的なバンドと逆のことをすることで、(例えば、コンサートで楽曲の録音を容認したり、CDで稼ぐことをしなかったりなどなど)最終的には、ビートルズやストーンズよりも儲けてしまったバンドらしいです。
 このグレイトフル・デッドを分析しているのが、この本なのですが、いわゆる、昨今のフリービジネスと相通じるものがあって、とても興味深かったです。インターネットのような世の中が来るずっと前から実践しているこのバンドは、何も、特別なことをしている訳ではなくて、総じて言えば、ファンを大事にしているということに尽きる気がしました。ぼくは、今回読んだだけでは、恐らくその一部しかわかっていないような気がしていて、いろいろなヒントがこの本の中には、隠されているような気がしています。珍しく、何回か、読み返してみたいと思う本に出会えました。
 この本を推薦しているほぼ日の糸井さんは、とても面白いことをいろいろ試していらっしゃると思うのですが、ほぼ日でどういうことがやりたいのかの一端が、この本を読んで、ちょっとだけわかった気がします。気持ちいいビジネスって、実は、手の届くところにあるのかもしれないなと、ちょっと思ったり、思わなかったりしました。


グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶデイヴィッド・ミーアマン・スコット ブライアン・ハリガン 糸井重里

日経BP社 2011-12-08
売り上げランキング : 460


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mogura at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

LinkedInをはじめてみた

 ちょっと前から、LinkedInというSNSを初めています。ぼくは、SNSにはあまりなじめなくて、Facebookなんかもやったことないのですが、LinkedInは、ビジネスSNSということで、ビジネスを立ち上げたり、会社の人材確保、転職なんかに利用できると聞いて、試しにやってみるかと、始めたわけです。
 アメリカなど海外なんかだと、このLinkedInはかなり盛況らしいです。アメリカのような、レイオフが、当たり前に行われるような状況だと、人の出入りは割と頻繁に行われていると聞いています(知ったかぶりですが・・)。人材確保や、仕事の確保なんかにこのLinkedInが有効活用されているということなんでしょう。
 しかしながら、みんな言ってますが、日本では、この手のシステムは、育たないかも知れませんね。日本だと、個人対会社とか、個人対社会の関係が、個人中心ではないので、こういうシステムでの人材の繋がりが出来にくく、やはり、間に入るエージェント会社なんかが儲かる仕組みになっているのかも知れません。

 ぼくの周りで、LinkedInをやっている人は、あまりいませんでした。やはり、海外とのパイプが出来ないと、苦しそうな印象を受けます。それでも、個人でやりとりできるシステムって、凄いな〜と思います。ぼくは、そこそこ自力で頑張っているようなこじんまりした会社で、面白いことをやりたいという欲求があるのですが、小さい会社との出会いって、実は結構難しいです。転職サイトなんかを利用していても、小さい会社を進められることは、たまにありますが、殆ど皆無といっていいですよね。やはり、お金がものを言うということだと、小さい会社は、難しいのかも知れませんね。

 そんなことを、ぐるぐる考えていたら、ほぼ日で、山岸俊男先生の対談「しがらみを科学してみた」がはじまりました。この中に、

「周囲の人間と良好な関係を保ちたい」という気持ちは、アメリカ人のほうが強いと出たんです。

ということが書かれていました。前にも書いたことがあるのですが、ぼくは、日本でよく望まれている人材に協調性のある人というのがあるのですが、これに感じていた違和感の正体の一端を見た気がしました。日本では、「まわりの人が自分をどう思っているか、つい気になる」つまり、周りに合わせることが望まれる。でも、アメリカは、良好な関係でいたいけれど、周りに合わせるわけではないわけです。つまり、一番良い関係というのは、win-winの関係なわけです。こういう文化の違いって、実は根深いのではと思ってしまいます。

 ぼくは、試しに、海外の文化をLinkedInで、ちょっとだけ体験出来ないかなと思っています。日本は、決して悪いところだとは思わないのですが、いろいろな意味で、限界をちょっとずつ感じてきています。それについて、ちょっとだけ、面白い体験が出来ないかなと、ちょっとだけ期待しています。と言っても、まだまだ、使いこなせてなくて、全然だめだめなのですが、エンジニアにとっての理想郷にたどり着けないかと、夢想してしまいます。
 それにしても、山岸先生の対談は、面白いです。俄然興味が沸いてきました。何冊か、本も読んでみたいと思っています。


posted by mogura at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

座椅子

 こたつで作業をするようになると、いつも欲しくなるのが座椅子です。こたつで、PCを使っていると、背中が丸くなってしまうんですよね。長時間やることはあまりないのですが、たまに、長時間使っていると、背中や腰が痛くなってきます。ということで、この時期になると、座椅子を買っているような気がするのですが、ぼくの場合、座椅子の背もたれ部分をよく壊してしまいます。座椅子に限らず、イス全般なのですが、ぼくは、イスの背もたれをよく壊してしまうんです。どうも、他の人より、背もたれにもたれかかっている頻度が多いようで、座椅子でも、その当たりに売っている安物だと、背もたれのところの中のパイプが曲がってしまったりして、座椅子は、2年と持ちません。かといって、一人用ソファーのようなしっかりした作りのものだと、高さが高くなって、こたつでは、フィットしないんですよね。
 それでも、背中が痛くなるので、消耗品として、買ってみたのが、これなのですが、今まで買ったものよりは、かなりしっかりしていて、なかなか具合がよいです。

ゲームがしやすい 座椅子(ゲームチェア) OR-アロー GN
ゲームがしやすい 座椅子(ゲームチェア) OR-アロー GN
明光ホームテック株式会社
売り上げランキング : 2557


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 背もたれの丈夫な物ということで、温泉旅館なんかによくある木の座椅子も考えたのですが、こっちのほうが、座り心地がよさそうだし、収納も問題なさそうなので、これにしました。これで、背中の痛みは、解消されたというわけです。
 ただ、送られて来たとき、透明のプチプチの梱包材に巻かれただけだったのには、少々驚きました。確かに、これを箱に入れるのは、難しいかも知れませんが、中身がまるわかりの荷物って・・・。まあ、品質に問題があるわけではないので、いいのですが。
 さてさて、この座椅子、何年くらい保ってくれますかね。
posted by mogura at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リモートデスクトップの縮小表示

 こたつPCからのリモートデスクトップはなかなか快適なのですが、使っていると、いろいろ不満も出てきます。中でも、画面の解像度については、いろいろな方がやはり悩んでいるみたいですね。デスクトップPCのほうは、高い解像度でいつも使っているので、画面を広く使っているのですが、こたつで使っているノートPCは、ノートなので、デスクトップほど解像度がありません。なので、いつものデスクトップPCの表示位置だと、ノートでは表示出来なかったり、ノートで、ソフトの位置を変更すると、デスクトップで使うときに、位置が内側に入ってきたりと、なかなか面倒です。ログインユーザーで設定が別れているソフトは、同じ設定を構築する手間はありますが、一回作ってしまえば、後は、独立して動いてくれるので、そういう意味ではいいのですが、どちらも、一長一短ですね。
 そんな中、全てを解決してくれるわけではないのですが、リモートデスクトップの表示を縮小する隠しモードがこちらに紹介されていました。最大化ではなく、ウインドウモードにしたときに、表示が入りきらないと、スクロールバーが出て、使いにくくなります。タスクバーが、下にあるので、スクロールバーが出ると、面倒です。
 マイドキュメントにあるdefault.rdp(これに、リモートデスクトップの設定が保存されているらしい)に、smart sizing:i:1を追加する。そうすると、表示内容をウインドウに合わせて縮小してくれます。文字を読む時には、最大化して、縮小なしにしたほうが読みやすいですが、それ以外で、ノートPCの他のアプリと同時に使うときなんかは、ぼくにとっては、タスクバーに行くためのイライラがなくなり、使いやすいかもと思います。
 こたつPCは、重宝しているのだけれど、動かなくなる欠点がありますね。まあ、冬の間だけは、こんな生活もいいのかも知れません。
posted by mogura at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

コタツから、リモート接続

 今年は、雪が少ないなんて言われていたのに、寒い季節になってきました。毎年、冬になると、コタツから出られなくなって、何でもかんでも、コタツでやりたくなってしまいます。ネットも、コタツからやりたくなるので、冬になると、リビングパソコン化しているノートが活躍することになるのですが、ノートで作業とかすると、いつもメインで使っているPCと同期を取る手間が増えて、ちょっと面倒だなと思うことが度々あります。いつも、やっているルーチンワークのうち、自分が作ったソフトをつかっているものに関しては、ネットワーク機能を実装して、ノートからコマンドの受け渡しができるようにしてみたり、過去にいろいろと仕掛けをしたこともあったのですが、よく考えると、リモートデスクトップという機能がWindowsにはついていることを思い出して、遅まきながら、試してみました。
 メインのPCは、WinXp proなのですが、こちら辺りを参考に、マイコンピュータの右クリックプロパティで、システムのプロパティを表示して、リモートタブの設定から、メインPCのリモート接続を許可します。ぼくの場合、つなぐPCが限定されているので、つなぐPCで使っているユーザーアカウントをメインPCで指定して、このアカウント以外は、許可しない設定にして、念のためのセキュリティを確保しました(家なので、他でつながれることは、ほぼ、考えられませんけどね)。ぼくの場合、メインPCは、ノートとファイル共有しているため、ノートのユーザーアカウントを以前作っていたので、すんなり設定できたのですが、もし、つなぐPCを限定したくて、アカウントがない場合は、アカウントを作る必要があると思います。メインPC側の設定はこれで終わり、あとは、クライアント側のノートPCから、アクセサリにある、リモートデスクトップ接続を起動し、コンピュータ名に、メインPCの名前、ユーザー名とパスワードに、設定したユーザー名とパスワード(ぼくの場合は、ノートPCでログインしているのと同じもの)を設定して、接続すれば、メインPCの画面が現れます。

 ログインの設定が、新規の設定なので、現れるデスクトップは、まっさらな状態です。いつもメインで使っている、ログイン設定で入れないかと思ったのですが、やっている感じでは、うまく行きませんでした。環境のコピー等も考えたのですが、ここは、諦めて、いつもの設定に近くなるように、ソフトのインストールなど、環境整備をしました。まあ、ソフト自体は、既に、メインのハードディスクの中に入っているので、リモートで使いたいものだけで
あれば、それほど大変ではありませんでしたが、ここら辺りは、ちょっと不満なところです。
 ともあれ、これで、コタツから、メインPCをコントロールする環境が整いまして、思っていた以上にとても快適な環境になりました。いやはや、便利な世の中になったものですが、ますます、コタツから動かない生活になってしまいそうです。

 
posted by mogura at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。