2005年05月24日

Jpegファイルなのに画像リストに入らないのはなぜ?

Q.直接ドラッグ&ドロップすると表示されるファイルなのに、ファイルリストには、表示されません。なぜでしょうか?

A.
 ファイルリストに格納するファイルは、メニューの「スライド」→「設定」で設定されたファイルとなります。
 格納するファイルは設定ダイアログの「基本」で設定されている「リストに反映させる拡張子」でふるいにかけられます。
 例えば、同じJpegファイルであっても、登録されている拡張子が、"*.jpg"だけで、表示したいファイルが、"*.jpe"や"*.jpeg"だったりすると、そのファイルは、リストには反映されません。
 同じように、画像フォーマットが違うファイルでも、ここに拡張子を登録していないと、リストに反映されなくなります。
 例えば、Jpegファイルのみリストに格納したければ、"*.bmp"など他の画像フォーマットの拡張子を除外すれば、リストに格納されなくなります。

詳しくはこちらに解説してあります。
posted by mogura at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | もぐらのImage Viewer FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Q.固定倍率表示は、25%間隔でしか指定できないの?

A.
 固定倍率表示の指定として表示されている数値はカスタマイズすることが可能です。
「スライド」→「設定」から固定倍率表示を選択して、任意の値を設定して下さい。
posted by mogura at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | もぐらのImage Viewer FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Q.表示位置が勝手に動くのはなぜ?

A.
もぐらのImage Viewerには、「表示」→「ウインドウを画像に合わせる」という設定があります。この設定がチェックされていると表示画像に合わせてウインドウの大きさが自動で調整されることになります。
 さて、その際、現在の位置から画像を表示した場合に、画像の大きさが表示画面を越えるような場合があったとします。その時、画像をなるべく表示画面内に表示しようとすると、表示位置を左上に持って行かなければならなくなります。
 ウインドウを画像に合わせて自動調整している場合には、なるべく、画像全体を表示させた上で、ウインドウを画像に合わせるような処理を行っています。だから、画像サイズが大きい場合には、表示位置が移動する場合があります。

 表示位置を動かしたくない場合には、「ウインドウを画像に合わせる」のチェックを外して、ウインドウを固定して下さい。
 また、常に中央に表示をチェックしておくと、表示位置は動きますが、常に中央に表示されるようになります。
posted by mogura at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | もぐらのImage Viewer FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。