2009年03月26日

ATOKとWord2000

 いまだ、Office2000を使用しているmoguraです。ATOKねたをもう一つ。
ATOKを入れてから、Word終了時にエラーが出るようになりました。特に保存したファイル等に問題が出るわけではないようなので、気にしなければいいのですが、やっぱり気になるじゃないですか。それで調べてみたら、

ATOKを既定の入力システムにするとWord2000終了時にエラーが発生する

ということらしいです。文章校正エンジンとの相性がよくないみたいですね。
で、対策は、自動文章校正の機能をオフにすると出なくなるということでした。あまり使わないと思ったので、上の回避策を導入して使っています。
 Word自体あまり使わないのですが、最近、なぜか使う機会が重なって、気になっちゃって・・・。ということで、これで、すっきりしました。自動文章校正の機能をオフにしても、ぼくにとっては、特に困ることもないようです。
 気になる方は、試してみては、如何でしょうか。(って、もうWord2000なんて使っている人いないか・・・)


posted by mogura at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ATOK IME 変換

 一年くらい前からでしょうか、IMEの馬鹿さ加減に嫌気がさして、ATOKを衝動買いしてしまいました(ということで、未だ2008ですが)。やっぱり、日本語は、日本の企業が作ったものがいいよなと、愛用していたのですが、一つだけ気になる現象がありました。それは、いきなりATOKの変換が効かなくなるという現象です。
 ぼくは、ATOK使用時、たまにTabキーで、学習変換機能のようなものを使うことがあるのですが、何かの拍子に、これが効かなくなることがありました。たまにしか起きないので、バグだろうと思い我慢していたのですが、これが起こると、再起動しないと直らないので、ATOKもいまいちかと思っていました。
 それが、この間、この現象が起きて、ふと見ると、ATOKの言語バーがIMEになっていることに気づきました。それで、ATOKとIMEでググってみたら原因がわかりました。
 何と、Shift + Ctrlキーで、IMEと、ATOKが入れ替わるということらしいです。ぼくは、ランチャーの起動に、Shift + Ctrl + Aを割り当てていて、Shift + Ctrlは、よく使っているんです。だから、タイミングの問題で、Aを押す前にShift + Ctrlを押して時間が経っていたら、Shift + Ctrlと認識されて、IMEになっていたというわけ。
 再起動しないと直らないとずっと悩んでいたことが解決したのはいいのですが、もっとわかりやすく表示しろよと、愚痴りたくなりました。
 ちなみに、この切り替えは、アプリケーションソフトごとに切り替わるみたいで、メールでIMEになったら、ブラウザはATOKなんて、妙な現象も起きます。
 これ、MSの仕様みたいですね。回避する方法もあるようですが、面倒なので、このまま使用してます。まあ、その問題に陥ったら、解除するには、Shift + Ctrlを押せばいいだけですから。
 こんなことにはまってしまったのは、ぼくだけだろうな〜。


posted by mogura at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。