2008年02月16日

Windows Xpへのアップグレード(その2)

 2度のインストールを経て、やっと使える状態になったと思ったら、レジストレーションでこけた。そうです、Xpは登録をして始めて正規ユーザーとして認められるらしいのだが、前回のインストールで登録までやってしまった関係で、このPCは不正ユーザーと見なされているわけです。いやいや、高い料金払っているし、同じマシンへの再インストールですから、不正なんてしてませんよと言ったところで、MSさんは相手にしてくれそうもない。
 それで、対処方法を見ると、電話とネットがあるような感じで書かれていたので、取りあえず、ネットのほうへ行ってみたのですが、これが英語サイトでよくわからない。苦心しながら見ていくと、場合わけがしてあり、結局電話しなきゃだめそうなことが判明した。電話を避けていた理由は単純で、MSのようなサポートセンターなら、繋がらないだろうなと思っていたから、休日だし、5時過ぎていたし・・・。でも、事は、ユーザー登録の件で、ネット対応していないんだから、当然24時間対応なんだろうなと、仕方かなく電話してみました。
 これが、予想外にすぐつながり、感心していたら、全て自動応答の電話でした。あの長いライセンスキーの入力から、新しいライセンスキーの入手まで、(ひとつひとつ音声で読み上げる)すべてロボットオペレータの返事待ち。これが遅いのなんのって、10分くらいかかりました。ライセンス番号も、間違えないように、一生懸命、ボタンを押さないと、間違えたら、またやり直しなんですよねたぶん。このシステムは、まあ、ちょっと手間ですよね。ネットで対応して欲しいところだよな〜。OSの入れ替えごとにこれをやらなきゃいけないと思うと、ちょっとしんどいですね。何年か経ってもちゃんと対応してくれるんだろうなMS。ボーランドさんのdelphiは自動登録は出来なくなったけど、メール対応はしてくれた。MSだと切り捨てられそうで怖いな。
 ということで、何とか無事、入れ替え終了。ソフトを入れていま使っているってことです。
 と、ここまで書いてなんだけど、実はぼくが知らないだけで、もしかしたら、電話以外の対処方法があるのかも知れない。でも、あの説明だけだと、他のやり方があったとしたらよくわからないよね。さすがMS様だ。

 さてさて、Xpにすると、自分のソフトのアラが見えて来て・・・。ん〜。やっぱwin2000のほうが良かったのかな??
posted by mogura at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。