2012年02月05日

コタツから、リモート接続

 今年は、雪が少ないなんて言われていたのに、寒い季節になってきました。毎年、冬になると、コタツから出られなくなって、何でもかんでも、コタツでやりたくなってしまいます。ネットも、コタツからやりたくなるので、冬になると、リビングパソコン化しているノートが活躍することになるのですが、ノートで作業とかすると、いつもメインで使っているPCと同期を取る手間が増えて、ちょっと面倒だなと思うことが度々あります。いつも、やっているルーチンワークのうち、自分が作ったソフトをつかっているものに関しては、ネットワーク機能を実装して、ノートからコマンドの受け渡しができるようにしてみたり、過去にいろいろと仕掛けをしたこともあったのですが、よく考えると、リモートデスクトップという機能がWindowsにはついていることを思い出して、遅まきながら、試してみました。
 メインのPCは、WinXp proなのですが、こちら辺りを参考に、マイコンピュータの右クリックプロパティで、システムのプロパティを表示して、リモートタブの設定から、メインPCのリモート接続を許可します。ぼくの場合、つなぐPCが限定されているので、つなぐPCで使っているユーザーアカウントをメインPCで指定して、このアカウント以外は、許可しない設定にして、念のためのセキュリティを確保しました(家なので、他でつながれることは、ほぼ、考えられませんけどね)。ぼくの場合、メインPCは、ノートとファイル共有しているため、ノートのユーザーアカウントを以前作っていたので、すんなり設定できたのですが、もし、つなぐPCを限定したくて、アカウントがない場合は、アカウントを作る必要があると思います。メインPC側の設定はこれで終わり、あとは、クライアント側のノートPCから、アクセサリにある、リモートデスクトップ接続を起動し、コンピュータ名に、メインPCの名前、ユーザー名とパスワードに、設定したユーザー名とパスワード(ぼくの場合は、ノートPCでログインしているのと同じもの)を設定して、接続すれば、メインPCの画面が現れます。

 ログインの設定が、新規の設定なので、現れるデスクトップは、まっさらな状態です。いつもメインで使っている、ログイン設定で入れないかと思ったのですが、やっている感じでは、うまく行きませんでした。環境のコピー等も考えたのですが、ここは、諦めて、いつもの設定に近くなるように、ソフトのインストールなど、環境整備をしました。まあ、ソフト自体は、既に、メインのハードディスクの中に入っているので、リモートで使いたいものだけで
あれば、それほど大変ではありませんでしたが、ここら辺りは、ちょっと不満なところです。
 ともあれ、これで、コタツから、メインPCをコントロールする環境が整いまして、思っていた以上にとても快適な環境になりました。いやはや、便利な世の中になったものですが、ますます、コタツから動かない生活になってしまいそうです。

 
posted by mogura at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。