2011年08月28日

久しぶりにムツゴロウさんを見た

 昨日、夜、テレビを見ていたら、「先輩ROCKYOU」という番組に、ムツゴロウさんこと畑正憲さんが出演されていました。ぼくが、子供のころだから、もう随分前になりますが、「ムツゴロウの動物王国」をよくテレビで見てました。著書も好きで、青春記や放浪記なんかを読んで、刺激を受けてました。最近見ないなと思っていたのですが、ムツゴロウ節は、健在でしたね。もう、かなりの高齢になられているはずですが、もう、好奇心のかたまりだということが見ていてわかります。
 この番組をみて、ふと、最近、ぼくは、この好奇心っていうのが、ちょっと薄れて来ているな〜と、思いました。別に、興味津々ってこと自体、なくなったとは思っていないのですが、昔のようにワクワクしていない自分に気づいてしまいました。大人になるということは、そういうことなのかも知れないと思う反面、こんなおじいちゃんを見ていると、まだまだ自分もとちょっとだけ、また、いい刺激を貰ったような気がします。
 さて、これから、何をしようかな。今できることで、面白いことをやって行きたいと、改めておもいました。
posted by mogura at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

PM 電源オプション

 またPMをいじり始めたので、いろいろメモを(分解もしちゃったので、遅らばせながらも、そのうち、レポでも・・・)。
 PMを使っていると、よくフリーズ状態に陥ります。この前は、特に酷くて、落下したせいかとも思ったのですが、よくよく考えてみたら、どうも、バッテリー駆動しているときに起こっているのではないかと、気づいたわけです。となれば、電源管理が怪しいと思いと思い立ったわけで、デスクトップにカーソルを合わせ右クリック→プロパティから、画面プロパティ→スクリーンセイバー→電源で、電源管理オプションプロパティを見てみると、電源に接続と、バッテリ使用で差があるのが、ハードディスクの電源を切るという項目。バッテリー使用時は、切るの設定がしてあった。ぼくは、設定としては、ポータブル/ラップトップの設定をそのまま使用していたのですが、これが、悪さをしているかもと、ここの設定をなしにしました。 そうすると、フリーズの頻度が減ったように思えます。
 この機種は、ハードディスクがSSDだし、ぼくは、プチフリバスターといソフトを導入しているので、これが、悪さをしているのかも知れません。SSDのようなメモリは、ハードディスクと違って、電源OFFに対しては、条件的に、ちょっとヘビーかもしれないですよね。
 ってことで、ちょっと、これで、様子をみてみたいと思ってます。見当違いでなければ、うれしいのですが・・
posted by mogura at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | From M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

PMにヒビが・・

 久しぶりに、工人舎のPMの話(そう言えば工人舎、作っているようですが、撤退くさいですね・・)。最近、仕事で、私物をPCを使えない環境に身を置いているので、あまり、活躍の場がなくなって来ているPM君。それでも、たまに、プライベートで使っているのですが、小さいので、よく落としてしまうんです。それで、一度、派手に落下させてしまったら、画面に3本のヒビが入ってしまいました。幸い、画像が乱れるようなことはないのですが(スジは見えますが・・・)、タッチパネルが死んでしまいました。PMは、ポインティングデバイスがついてないので、マウスを持ってないとき、タッチパネルが使えないと、困る場合が多々あります。あまり使いやすいとは言えない、タッチパネルですが、なければないで、困るわけです。
 それで、買い換え含めて、いろいろ検討しました。新しいのを買おうかと思ったのですが、このサイズで、提供してくれているところが、皆無でした。あるには、あるのですが・・・今のPMに毛が生えた程度で、あまり、ぐっとこない。富士通のFMV-BIBLO LOOX Uなんて、良さそうなんだけど、バッテリーでの持続時間が短くて、ちょっと残念。これで、持続時間がもう少しあれば、良いんですけどね・・・。
 それで、PMを使えるようにする方向で、ポインティングデバイスを自作でつけることも考えたのですが、ポインティングデバイスをつけるところが、昔のLibrettoみたに、画面の右脇とかしかなくて、少々、使いずらそう。
 ということで、マウスポインターをキーボードで操作可能なソフトを探して、導入することにしました。導入したソフトは、KBMouseというソフト。慣れるまでに、時間がかかるかも知れませんが、慣れると、マウスポインターをキーボードで操作できるので、いちいち、マウスに手を持っていかなくて済むので、場合によっては、効率的に操作することができます。PMのような、マウスポインターがない機種や(そうそうないと思いますが・・)、マウスパットが嫌いな人には、お勧めです。普段使ってない、Caps Lockキーで切り替えられるのもいいし、マウス操作のキーへ割り当てを設定できるのもいいですね。ぼくは、ポインターの速度調整以外、すべて、右手だけで、マウス操作できるようにキーの割り当てを変えて使ってます。PMには、なくてはならないソフトになってきました。
 最初は、PMに導入することが目的だったのですが、普段使いのPCにも、入れて、たまに使ってます。なかなか、手放せないソフトになりそうです。
posted by mogura at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

水切りかご

 もう、結構前になるのですが、食器を洗った後に立てかけておく水切りかごを買い換えました。その前に使っていたのは、100円ショップで揃えた水切りかごだったのですが、そろそろ、かびの浸食が出てきたので、買い換えたわけです。100円ショップで買ったものは、本体のかごと、それを受ける箱と、はしなどを立てる小物の箱で、トータル300円で、激安で、満足していたのですが、今回買ったのは、これ。

ポゼ 水切り横型Wコート 水が流れるトレー付 SV
ポゼ 水切り横型Wコート 水が流れるトレー付 SV
アスベル
売り上げランキング : 32842


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 なぜこれにしたかと言うと、水切りの水が、トレイに溜まらなくて、流れてくれるから。水切りの水が箱に溜まると、かびなどの汚れがすぐついてしまいます。とは言え、水切りが終わった段階で、毎回こまめに水を捨てるかというと、それが、結構忘れがちだし、面倒くさい。だから、自動で、水が切れてくれる仕組みがすごくいいと思ったわけです。
 ぼくは、割と、食器や、調理器具を使うほうだと思う。だから、洗った食器も結構溜まりがち。これまでは、まとめて洗ったりしていたから、シンクが洗い物で、いっぱいになることもしばしばあったのですが、これに変えてから、こまめに洗えるようになってきました。
 この水切りかご、水が切れるだけではなくて、お手入れも、トレイなので簡単です。そして、洗ったあと、当然、水が切れてくれるので、箱形と比べて、汚れにくいところがいい。ちょっとした、軽い気持ちで買ったのですが、かなりお勧め。

 なんだか、テレビショッピングの人みたいなこと言ってますが・・・、こういう地味なもののが、工夫されているのって、地味に好きなんです。昔からあるものが、たまに、まだ進化している姿を見ると、なんだかうれしくなってきます。


posted by mogura at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。